家を蝕むシロアリの被害|一匹残らず一網打尽

家族や建物に影響はない

作業担当者

シロアリの被害を改善するシロアリ駆除会社は、使用する薬剤についても安全性の高い殺虫剤を使用します。家の軒下や屋根裏に潜むシロアリを駆除するには、家の建材の奥に潜むシロアリへ大量の殺虫剤を噴霧する必要があります。市販のシロアリ駆除剤では木材の内部にまで潜り込むシロアリをすべて駆除することはできませんが、シロアリ駆除を生業とする会社ならば、十分な量の殺虫剤を木材の奥にまで浸透させることで、家に巣食うシロアリを確実に撃退することができるのです。しかし、こうした大量の殺虫剤を使用するとなると、気になるのが健康への影響です。シロアリを放置し続けた場合、家自体の耐久性が大きく落ちてしまうため甚大な被害を招く恐れもありますが、大量の殺虫剤によって健康被害が現れてしまうのも考えものです。特に抵抗力のない赤ちゃんや高齢者がいる家庭では、殺虫剤の害がどれだけ人に与えられるか気になるものでしょう。シロアリ駆除を行なう会社では、人体にも無害な殺虫剤を使用します。人と虫では体のサイズが異なるため、毒による抵抗力も異なるものです。人にとっては無害でも、虫に対しては高い効果をもたらす殺虫剤を使用するため、駆除後に健康被害が現れることはありません。

殺虫剤を使用するとなると、モルタルなどの外壁塗装やコンクリートへの影響も心配になる人も多いでしょう。シロアリに使用する殺虫剤によって家の外壁の状態が悪化してしまうと、家の耐久性が落ちてしまうことに繋がります。劣化した外壁では長い風雨によって湿気が内部に浸透し、家に溜まる湿気により再びシロアリの害が与えられることも懸念されます。しかし、シロアリ駆除を行なう会社では家の外壁に影響を与える薬剤は使用しません。酸性の薬剤は使用しないため、モルタルやコンクリートなどのアルカリ建材に影響を与えず、シロアリだけを駆除することができるのです。