家を蝕むシロアリの被害|一匹残らず一網打尽

対策工事も行なってくれる

担当員

家に潜むシロアリを殺虫剤などで駆除した後も、油断することはできません。一度追い出したシロアリは、再び同じ家に戻ってくることもあるため、注意する必要があります。シロアリ駆除を行なう会社では、シロアリの害を再び与えられないように、シロアリ対策のための工事も行なってくれるのです。シロアリは湿気の多い場所を好む性質があるため、シロアリ対策のための工事では、極力家にこもる湿気を除去する施行を行ないます。シロアリ駆除の会社は、家の天井や軒下に換気のための機器を設置してくれます。シロアリが侵入しやすく、人の出入りや窓もない軒下や天井部分は、湿気も滞りやすくシロアリにとっては住みやすい場所となります。多くの建築会社は天井や軒下に通気孔を設置しますが、周囲の土地が川に近いため常に多湿である場合や、周りの建物の影響によって風がない場所となれば、通気孔による高い効果は得られません。シロアリ駆除を行なう会社では、専用の換気扇を設置することで家に溜まる湿気を効果的に取り除き、どのような立地条件の家でも湿気のこもらない家に変えてくれます。小型でありながら高い機能性がある換気扇となるため、費用も安く、どのような家でも取り付けができるでしょう。

シロアリは、群体で飛行することで家から家へと移動するほか、床下の土の中を移動することもあります。シロアリ対策を行なうためには、屋根や天井部分にあるシロアリが入り込む隙間を埋めるほかにも、床下に住めないようにする工夫も必要となります。シロアリ駆除を行なう会社では、土中に埋め込むベイト剤の使用のほか、床下への調湿材の利用も行ないます。床下の湿気を極力抑えこむことで、床下から移動してきたシロアリも住めない状況を作り出すことができるのです。